2018年7月19日(木)

7/19 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ5日続伸し79ドル高 1カ月ぶり高値、ナスダックは小反落
  2. 2位: 割安電機株に上昇サイン 景況改善や稼ぐ力に着目[有料会員限定]
  3. 3位: 三菱電、FA銘柄の終わりの始まりか[有料会員限定]
  4. 4位: 本田圭佑氏「金融の慣習にとらわれないファンドに」[有料会員限定]
  5. 5位: パソナG 収益改善迫る2つの圧力[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,794.19 +96.83
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,800 +80

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、続伸 主要3指数が最高値 企業決算に期待 J&Jが高い

2017/10/12 5:15
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】11日の米株式相場は続伸した。ダウ工業株30種平均は前日比42ドル21セント高の2万2871ドル89セント(速報値)と連日で過去最高値を更新した。今週後半から本格化する米主要企業の四半期決算への期待感が強く、買い意欲が高まっている。証券会社が投資判断を引き上げたジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が買われ、指数を押し上げた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数と多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数とあわせ、主要3指数が過去最高値を更新した。

 米連邦準備理事会(FRB)が午後に公表した9月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、多くの参加者が経済見通しが大きく変わらなければ年内の利上げが可能とみていたことが明らかになった。ただ、数人は利上げに慎重な姿勢を示していたため、株式市場ではFRBが将来利上げペースを緩めるとの思惑が浮上し、株買いを促したとの指摘があった。相場は引けにかけて上げ幅を広げ、この日の高値圏で終えた。

 ナスダック指数は同16.296ポイント高の6603.548(同)と3営業日ぶりに過去最高値を更新した。

保存
共有
印刷
その他

新着記事一覧

読まれたコラム