12/1 11:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,798.52 +364.90
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,790 +330

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反落 コロナ感染拡大で景気に懸念 アップルが下げ主導

2020/10/31 5:05
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比157ドル45セント安の2万6501ドル66セント(速報値)で終えた。米国の新型コロナウイルスの1日当たりの感染者数が過去最多を更新し、景気懸念が高まった。前日夕に発表した決算を材料にスマートフォンのアップルなど主力ハイテク株が売られたのも相場の重荷となった。来週に米大統領・議会選を控え、買い手控えムードも強かった。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計では29日の米国の新型コロナの感染者数が8万8500人となり、23日に記録した過去最多を上回った。累計では900万人近くに達した。今週は感染が広がる欧州でドイツやフランスが行動規制を強化した。米国でも同様の動きが広がるとの見方を強め、景気を冷やすとの警戒感が広がった。

主力ハイテク株が相場下落を主導した。前日夕に発表した7~9月期決算でスマートフォン「iPhone」の売上高が大幅に減ったアップルは大幅安となった。ネット通販のアマゾン・ドット・コム、SNS(交流サイト)のフェイスブックへの売りもかさんだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム