米国株、ダウ小反落 P&Gが押し下げ、世界の景気懸念も重荷

2015/7/31付
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】30日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は3日ぶりに小反落した。前日比5ドル41セント安の1万7745ドル98セント(速報値)で終えた。4~6月期決算が大幅な減益となった日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が下げて、ダウ平均を押し下げた。グローバル企業の業績が低調なことから、世界景気の減速懸念が改めて意識されたことも相場の重荷となった。

朝方発表の4~6月期の米実質国内総生産(GDP)速報値は前期比年率2.3%増と、米寒波などの影響で低成長となった1~3月期からの回復を示した。ただ、市場予想をやや下回ったため、市場では米連邦準備理事会(FRB)が利上げを急ぐほどの内容ではなかったと受け止めが多く、米株式相場への売りも限られた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、同17.052ポイント高の5128.785(同)で終えた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]