/

米国株、ダウ反発 アップルなどハイテク株が相場押し上げ

【NQNニューヨーク=横内理恵】20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日ぶりに反発し、前日比47ドル16セント高の2万7739ドル69セント(速報値)で終えた。スマートフォンのアップルなど主力ハイテク株が買われ、相場を押し上げた。朝方発表の週間の失業保険申請件数が市場予想以上に増え、景気懸念から売りが優勢になる場面もあった。

景気の再減速懸念が強まる中、コロナ禍が業績の逆風になりにくいハイテク株への物色が続いた。アップルが上場来高値を更新し、ソフトウエアのマイクロソフトも上昇。自社株買いを発表した半導体のインテルも買われた。電気自動車(EV)のテスラは急伸し、初めて2000ドルの大台を突破した。

ダウ平均は午前に100ドル超下げる場面があった。週間の米失業保険申請件数が市場予想を上回った。多くの州でコロナ感染が収束しておらず、前日公表の7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨でも米景気に慎重な指摘が目立っていた。追加の経済対策を巡る与野党指導部の協議も難航しており、米景気の回復鈍化懸念が強まった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン