9/25 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ワタミ、劣後ローン30億円調達 居酒屋の3割業態転換[有料会員限定]
  2. 2位: 上場企業の減損、過去最大4.2兆円 20年3月期[有料会員限定]
  3. 3位: 株高、債券売りが呼び水 日本 首相交代で資金流入[有料会員限定]
  4. 4位: 年金運用もESG重視 金融機関、商品を拡充[有料会員限定]
  5. 5位: レオパレス、債務超過100億円超 6月末[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ7日続伸 5カ月半ぶり高値 経済対策発動を好感

2020/8/11 5:06
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】10日の米株式市場でダウ工業株30種平均は7日続伸し、前週末比358ドル72セント高の2万7792ドル20セント(速報値)と2月24日以来5カ月半ぶりの高値で終えた。トランプ米大統領が8日に失業給付の増額を含む追加の経済対策を大統領令で発動し、目先の米景気懸念が後退した。業績が景気に左右されやすい素材や金融、エネルギーなど景気敏感株が買われた。

失業給付の上乗せ分は週400ドルとこれまでの600ドルから減額したうえで延長する。大統領令では、給与税の納税猶予、学生ローンの返済猶予なども発動された。経済対策を巡る与野党の調整が難航し、政策実行が遅れるとの懸念が後退した。

ムニューシン財務長官が10日午前、米CNBCの番組で野党・民主党との協議を再開し、今週中にも与野党が合意できる見通しを示したことも投資家不安を和らげた。

航空機のボーイングや化学のダウ、建機のキャタピラーなど景気敏感株の上昇が目立った。一方、前週末に続きソフトウエアのマイクロソフトやネット通販のアマゾン・ドット・コムなど大型ハイテク株は利益確定売りが優勢だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム