2019年3月19日(火)

3/19 5:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: バフェット氏の最新助言「米国の強みとコストの怖さ」[有料会員限定]
  2. 2位: リース基準に揺れる市場、企業価値の見極めに甘さ[有料会員限定]
  3. 3位: 「初」の敵対的TOB 光と影 (一目均衡)
  4. 4位: レオパレス、混迷深まる オーナー借り入れは2兆円規模[有料会員限定]
  5. 5位: 投信 縮まぬ日米格差 日本は「テーマ型」に偏重[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,584.50 +133.65
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,410 +170

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反発 米中交渉に期待 年間では5.6%下落

2019/1/1 6:22
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=森田理恵】12月31日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前週末比265ドル06セント高の2万3327ドル46セント(速報値)で終えた。米中貿易交渉の進展に期待した買いが優勢だった。月末や年末に伴う機関投資家の「お化粧買い」や売り方の買い戻しが入りやすかったとの指摘もあり、取引終了間際に急速に上げ幅を拡大。この日の高値圏で終えた。

ダウ平均は年間では5.6%下げた。前年を下回るのは2015年以来3年ぶり。下落率は08年以来10年ぶりの大きさだった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸し、前週末比50.755ポイント高の6635.277(速報値)で終えた。アップルやネットフリックスなど主力銘柄の一角に買いが入った。年間では3.9%安と、11年以来7年ぶりに前年を下回った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム