/

米国株、ダウ反落 米中貿易協議への懸念が重荷

【NQNニューヨーク=戸部実華】19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反落し、前日比52ドル29セント安の2万7094ドル79セント(速報値)で終えた。米中の貿易協議への進展期待から買いが先行し、一時は125ドル高を付けた。ただ、協議の難航を示唆する報道やツイッターへの投稿が相次ぐと伸び悩み、引けにかけて下げに転じた。

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)が19日、米中関係の権威で、米政権へのアドバイザーを務めるマイケル・ピルズベリー氏が「対中関税を50%または100%に上げることもありうると述べた」と伝えた。一方、中国共産党系の環球時報の編集長は19日、「米国が思っているほど中国は貿易協議で合意したいわけではない」とツイッターに投稿した。

午前は買いが先行した。19日から始まった米中両国の事務レベルの貿易協議が10月の閣僚級協議に向けて進展するとの期待が広がった。18日夕に大規模な自社株買いや増配を発表したマイクロソフトが上昇したのもダウ平均を支えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン