最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,350.23 +134.52
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,290 +130

[PR]

米国・欧州株概況

米国株15時、ダウ平均68ドル安 前週末の大幅高の反動で売り優勢

2019/12/10 5:08
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落している。15時現在、前週末比68ドル52セント安の2万7946ドル54セントで推移している。好調な米雇用統計を受け米株式相場は前週末に大幅高となったことから、目先の利益を確定する売りが優勢となっている。下げ幅は100ドルを超える場面があった。

今週は11日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表、15日には米国の対中追加関税「第4弾」の全面発動の期限を控える。重要イベントを前に積極的に持ち高を傾ける動きは限られている。

スマートフォンのアップルや航空機のボーイングが下落している。一方、ディフェンシブ銘柄の一角であるホームセンターのホーム・デポや日用品大手のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は高い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム