/

米国株、3日続伸 経済対策期待の買い続く

【NQNニューヨーク=川内資子】9日の米株式相場は3日続伸した。ダウ工業株30種平均は前日比161ドル46セント高の2万8586ドル97セント(速報値)と9月2日以来、1カ月ぶりの高値で終えた。新型コロナウイルスに対する追加の経済対策への期待から景気敏感株などへの買いが続いた。

米経済対策の与野党協議は8日に再開し、ムニューシン米財務長官と野党・民主党のペロシ下院議長が9日午後に協議すると伝わった。9日は「トランプ米政権は対策規模を1兆8000億ドルと従来案から増額し、民主党に再提案する」と報じられた。その後、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長がこの増額案について「トランプ氏が承認した」と述べたとも伝わり、市場では歩み寄りの姿勢が評価された。

ソフトウエアのマイクロソフトや顧客情報管理(CRM)のセールスフォース・ドットコム、スマートフォンのアップルなどハイテク株が買われた。半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)による買収協議が進展していると報じられた同業のザイリンクスは急伸した。建機のキャタピラーや映画・娯楽のウォルト・ディズニーも上げた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン