2019年9月20日(金)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,044.45 +83.74
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,870 +70

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「日銀の金融政策を解説」[映像あり]

ソニーフィナンシャルホールディングス 菅野 雅明

9月19日(木)14:09

FOMCを読む[映像あり]

三菱UFJ銀行 鈴木 敏之

9月19日(木)08:30

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反発 1カ月半ぶり高値、FRB正常化ペースの鈍化の思惑

2019/1/26 6:20
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】25日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比183ドル96セント高の2万4737ドル20セント(速報値)と昨年12月上旬以来の高値で終えた。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の正常化のペースを緩めるとの思惑が広がり、買い安心感につながった。米中貿易交渉の進展期待も相場を支えた。

ニューヨーク証券取引所のトレーダー=AP

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は25日、FRBが保有資産縮小の終了を議論していると報じた。金融政策の正常化ペースが緩めば株式を買いやすくなるとの思惑が広がった。ムニューシン米財務長官がロイター通信に対して、米中貿易交渉で「多くの進展があった」とコメントしたのも投資家心理の改善につながった。

トランプ米大統領は25日午後、政府機関の一部閉鎖の一時的な解除を認めると発表した。史上最長となった政府閉鎖の解除にひとまず安堵感を誘った。ただメキシコとの国境の壁建設費を巡る協議は続くもようで再び閉鎖に追い込まれる可能性も意識された。政府閉鎖の影響で25日に発表予定だった2018年12月の耐久財受注額や新築住宅販売件数は発表が延期された。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、同91.403ポイント高の7164.865(速報値)と昨年12月上旬以来の高値で終えた。主力ハイテク株が軒並み上昇して指数を押し上げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。