2018年11月16日(金)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,669.55 -134.07
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,690 -130

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、大幅安で始まる ダウ一時340ドル超下げ、米中摩擦を警戒

2018/6/19 23:02
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】19日の米株式相場は大幅安で始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比297ドル00セント安の2万4690ドル47セントで推移している。一時は340ドルあまり下げた。トランプ米大統領が18日夜に中国の知的財産侵害に対する新たな制裁関税を検討するよう指示し、中国商務省が対抗する姿勢を示した。米中貿易摩擦への警戒感が一段と強まり、建機のキャタピラーや航空機のボーイングなど中国事業の比率が高い銘柄が下げ、指数を押し下げた。

ニューヨーク証券取引所 ウォール街 株価

トランプ米大統領は18日夜、2000億ドル分の中国からの輸入品に10%の制裁関税を検討するよう米通商代表部(USTR)に指示した。中国は19日、対抗措置を取ると警告した。

上海総合指数が約2年ぶりの安値で終えるなど中国株が大きく下げたほか、欧州の主要株価指数も大幅安で推移している。米中貿易摩擦が世界景気を冷やすとの見方から、原油や銅など国際商品相場も下落し、エネルギー株などに売りを誘っている。

ダウ平均の構成銘柄では化学のダウ・デュポンに売りが膨らんでいる。アメリカン・エキスプレスやスポーツ用品のナイキ、石油のシェブロンの下げも目立つ。

ダウ平均の構成銘柄では、投資判断の引き上げが伝わったベライゾン・コミュニケーションズが唯一上昇している。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム