最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,319.87 -200.14
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,300 -250

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、反落で始まる、33ドル安 中国経済の減速を嫌気

2019/10/18 23:06
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】18日の米株式相場は反落して始まった。午前10時現在、ダウ工業株30種平均は前日比33ドル63セント安の2万6992ドル25セントで推移している。18日発表の中国の2019年7~9月の実質国内総生産(GDP)の伸び率が過去最低となり、世界的な景気減速を警戒した売りがでた。もっとも、発表が本格化している米主要企業の7~9月期決算では市場予想を上回る内容が相次いでおり、積極的に下値を売り込む動きも限られている。

中国の7~9月のGDP成長率は前年同期比で6.0%の伸びにとどまり、2四半期連続で減速した。貿易戦争が長引き、自動車や電機など製造業中心に影響が広がった。

欧州では英国と欧州連合(EU)の首脳が合意したブレグジット(英国のEU離脱)の新協定案が19日の英議会で可決されるかどうかが注目されている。動向を見極めたいとして様子見姿勢の投資家も多い。

取引開始前に7~9月期決算を発表したクレジットカードのアメリカン・エキスプレス(アメックス)には売りが優勢となっている。医薬・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)も安い。一方、19年12月期の営業利益見通しを引き上げた飲料のコカ・コーラは上昇している。マクドナルドも高い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム