最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 17,818.72 -246.69
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,860 +40

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、反発して始まる ハイテク株に押し目買い 石油株も高い

2018/9/18 22:50
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=森田理恵】18日の米株式相場は反発して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比76ドル73セント高の2万6138ドル85セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同43.100ポイント高の7938.892で推移している。先行したアジア・欧州の株式相場が総じて堅調に推移し、米市場でも前日に大きく下げたハイテク株に押し目買いが入った。原油高でシェブロンなど石油株が買われたことも、相場を押し上げた。

寄り付き前にはダウ平均先物が伸び悩む場面があった。中国商務省は18日朝、米国が前日に総額2000億ドルの中国製品への追加関税を発表したことに対抗し、600億ドル分の米国製品に追加関税を課すと表明したと伝わった。米中の関税の応酬が激しくなるとの警戒が広がった。

セキュリティーソフトのシマンテックが上げて始まった。物言う株主のスターボード・バリューが8月に指名した5人の取締役候補から、シマンテックが3人を選んだと前日夕に発表。ファンド主導で経営改革が進むとの期待が高まった。半導体のマイクロン・テクノロジーはJPモルガンが株価に「かなりの上昇余地がある」と指摘したと伝わり、上げて始まった。

自動車用品販売のオートゾーンが大幅安で始まった。朝方発表した2018年6~8月期決算で売上高が市場予想に届かなかった。食品のゼネラル・ミルズも6~8月期の売上高が予想ほど増えず、売りが先行した。医療機関向けクラウドサービスのアテナヘルスは米ファンドのエリオット・マネジメントが買収提案を取り下げたと前日夕に伝わり、急落した。物流のフェデックスとオラクルには前日夕発表の四半期決算を材料視した売りが続いている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム