8/21 3:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,677.22 +114.06
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,660 +80

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、反落で始まる 前日急騰の反動 IBMの下げも重荷

2018/10/17 22:50
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=森田理恵】17日の米株式相場は反落して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比148ドル34セント安の2万5650ドル08セントで推移している。前日にダウ平均547ドル高となった反動で、ひとまず売りが先行している。午後に9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を控える。利上げ加速の兆しがあれば米金利が上昇し、株式相場が再び不安定になるとの警戒もある。

ダウ平均の構成銘柄であるIBMとホーム・デポの大幅な下げも重荷になった。IBMは16日夕に発表した2018年7~9月期決算で売上高が4四半期ぶりに減り、市場予想も下回った。ホーム・デポはアナリストが投資判断を引き下げたと伝わった。

ホームセンターのロウズも安い。医療機器・医薬品大手のアボット・ラボラトリーズは17日朝に発表した7~9月期決算で特別項目を除いた1株利益が市場予想並みにとどまり、売りを誘った。

一方、動画配信大手のネットフリックスが急伸して始まった。前日夕に発表した2018年7~9月期決算で、契約者数が市場予想を大幅に上回って増えたのが好感された。ゼネラル・エレクトリック(GE)はイラクの発電所建設を受注したとフィナンシャル・タイムズ(FT)が報じ、買いが先行した。

電気自動車のテスラはイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が2000万ドルのテスラ株を買い取る意向だと伝わり、上昇した。空運大手のユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスが高い。前日夕の四半期決算と併せて通期の利益見通しの引き上げを発表し、デルタ航空やアメリカン航空などにも買いが波及した。

米長期金利は3.16%前後で前日から横ばい。米株の変動性指数(VIX)は17台で落ち着いており、市場の不安心理が高まった状態とされる20を下回っている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム