2019年8月26日(月)

8/26 7:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.91 +82.90
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,720 +100

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、続落で始まる ダウ122ドル安、米中協議を警戒 金融株が安い

2019/3/7 23:50
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】7日の米株式相場は4日続落して始まった。午前9時40分現在、ダウ工業株30種平均は前日比122ドル53セント安の2万5550ドル93セントで推移している。米中の貿易協議を巡る警戒感を背景にした利益確定目的の売りが続いた。世界景気の減速に対する懸念も売りを誘っている。

欧州中央銀行(ECB)が理事会が7日に年内の利上げ断念と銀行への新たな資金供給策の導入を決め、主要中銀の緩和的な金融政策が世界経済を支えるとの観測を誘った。もっとも、経済見通しの引き下げを受けてドイツなど欧州国債利回りが低下したのにつれ、米長期金利が低下。利ざや縮小観測からゴールドマン・サックスなど金融株が売られ、相場の重荷となっている。

2020年1月期通期の見通しが慎重と受け止められたスーパーのクローガーが急落。四半期決算で売上高が市場予想に届かなかった書店のバーンズ・アンド・ノーブルも安い。一方、証券会社による投資判断の引き上げが伝わったエスティー・ローダーに買いが先行している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。