最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,041.26 +108.13
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

1月17日(金)14:20

SBIと筑邦銀が資本業務提携 「地銀連合構想」第3弾[映像あり]

中国 19年は6.1%成長に減速 29年ぶり低水準

1月17日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、小動きで始まる ダウ15ドル安、インテルが急落 GDPは支え

2019/4/26 22:41
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=滝口朋史】26日の米株式相場は小動きで始まった。ダウ工業株30種平均は午前9時35分現在、前日比15ドル56セント安の2万6446ドル52セントで推移している。通期の売上高見通しを下方修正した半導体のインテルに売りが膨らみ指数を押し下げている。一方、米景気の減速に対する警戒感が一段と後退し投資家心理を支えており上げに転じる場面があった。

インテルが25日夕に発表した2019年1~3月期決算は売上高と1株利益が市場予想を上回ったが、19年12月期の売上高予想を下方修正したのが嫌気された。株価は8%の大幅安で1銘柄でダウ平均を33ドル程度押し下げている。26日朝に発表した19年1~3月期決算で1株利益が市場予想を下回ったエクソンモービルや売上高が市場予想に届かなかったシェブロンが売られているのも相場の重荷になっている。

一方、米商務省が発表した19年1~3月期の実質国内総生産(GDP)は前期比年率で3.2%増と18年10~12月期の2.2%増から持ち直し、2.5%程度の増加を見込んでいた市場予想を上回った。在庫の寄与度が大きく先行きを懸念する声が出ているものの、米景気の減速懸念が後退し投資家心理が上向いた。

前日夕に発表した19年1~3月期決算は減収減益だったものの、市場予想ほど悪化しなかった自動車大手フォード・モーターも上昇している。売上高が市場予想ほど減らなかった玩具のマテルも急伸して始まった。予想を上回る業績を発表する企業が相次いでいるのも支えになっている。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム