2019年6月18日(火)

6/18 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 市場が期待するパウエル議長の「満額回答」(NY特急便)[有料会員限定]
  2. 2位: ニコン、「工作機械で成長」の勝算[有料会員限定]
  3. 3位: 強まる利回り株志向 次の「武田」「日産」探し[有料会員限定]
  4. 4位: 日立、攻めの投資 資本効率を重視
  5. 5位: 親子上場を問う 日本238社、英米は消滅(ルポ迫真)[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,124.00 +7.11
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,070 +40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

川内原発の設置許可取り消し認めず 福岡地裁判決[映像あり]

JICA イラク製油所に1100億円支援

6月17日(月)13:00

トップに聞く[映像あり]

クボタ 社長 木股 昌俊

6月17日(月)09:50

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、反落で始まる ダウ111ドル安 ホーム・デポ下落、FRB議長証言待ち

2019/2/26 23:43
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】26日の米株式相場は反落して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比111ドル69セント安の2万5980ドル26セントで推移している。日本や欧州株式相場が下落した流れを引き継いだほか、企業業績を手がかりとした個別銘柄の下げが重荷となっている。26日午前のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を見極めたいとの様子見姿勢も買い手控えにつながっている。

朝方発表した2018年11月~19年1月期決算で既存店売上高などが市場予想に届かなかったホームセンターのホーム・デポが下落。UBSが投資判断を「買い」から「売り」に2段階引き下げた建機のキャタピラーも下げ、2銘柄でダウ平均を80ドル近く押し下げている。

電気自動車(EV)のテスラも安い。25日夕に米証券取引委員会(SEC)がイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のツイッターへの投稿内容が情報開示を巡る過去の和解条項に違反したとして、米連邦地裁に訴えを起こし、経営の先行き不透明感から売りが出ている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム