2018年10月18日(木)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,841.12 +291.88
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,890 +470

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、横ばいで始まる ダウ3ドル高 金利上昇の警戒続く

2018/5/16 22:53
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】16日の米株式相場は横ばい圏で始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比3ドル17セント高の2万4709ドル58セントで推移している。前日に下げた反動で短期的な戻りを見込む買いが入る一方、米金利の上昇で株価の割高感も警戒されている。

百貨店のメーシーズが大幅に上昇。取引開始前に発表した四半期決算が市場予想を上回る増収増益となり、好感した買いが先行している。著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社が、1~3月期に保有を増やしたと公表した後発医薬品大手テバ・ファーマシューティカルズ・インダストリーズの米預託証券(ADR)が高い。

市場予想を上回る好業績を発表した中国ネットサービスの騰訊控股(テンセント)のADRが大幅に上昇している。

ダウ平均の構成銘柄では、小売り大手のウォルマートや半導体のインテル、映画・娯楽大手ウォルト・ディズニーが上昇している。ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は小幅高で推移している。

一方、工業製品・事務用品のスリーエム(3M)が下落。原油価格の下落でシェブロンやエクソンモービルといった石油株にも売りが先行している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム