最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,514.85 -58.81
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,510 -80

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反発で始まる 一時600ドル超上昇 米景気回復期待で

2020/5/26 22:54
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに急反発して始まった。午前9時35分現在、前週末に比べ578ドル05セント高い2万5043ドル21セントで推移している。上げ幅は一時600ドルを超えた。米経済活動の再開による景気回復期待に加え、新型コロナウイルスのワクチン開発の進展が伝わり、投資家心理が強気に傾いた。

ダウ平均が2万5000ドル台に乗せるのは3月10日以来2カ月半ぶり。機関投資家が運用の参考にするS&P500種株価指数は、3月5日以来となる3000の大台を回復する場面があった。

全米各州が経済活動を段階的に再開し、サービス業などで利用客が戻りつつある。米運輸保安局(TSA)によると4月に急減した航空旅客数は5月下旬に持ち直したという。一部の州でレストランのネット予約が増え始めたとも伝わった。米大統領経済諮問委員会(CEA)のハセット委員長は24日、米テレビで「経済活動は転換点にかなり近づいている」と述べた。

米バイオ企業のノババックスが25日、新型コロナのワクチン候補の臨床試験を始めたと発表した。7月には最初の結果が出るという。同社を含めて、現時点で臨床試験中のワクチン候補は10にのぼるとされ、ワクチン開発への期待が高まっている。

アメリカン航空グループなど空運株やクルーズ船株が大幅高。航空機のボーイング、映画・娯楽大手のウォルト・ディズニーも買われている。化学のダウや金融のJPモルガン・チェース、建機のキャタピラーなど景気敏感株の上げも目立つ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム