最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,492.68 +40.82
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,460 ±0

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、買い先行 ダウ一時400ドル超高 米中協議の再開を好感

2019/9/5 22:54
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】5日の米株式相場は買いが先行している。午前9時50分現在、ダウ工業株30種平均は前日比402ドル25セント高の2万6757ドル72セントで推移している。7月31日以来の高値水準。米中両国は5日、閣僚級の貿易協議を10月初めにワシントンで開くことで合意した。米中貿易摩擦が和らぐとの期待が広がり、中国関連銘柄を中心に幅広い銘柄に買いが優勢となっている。

中国商務省によると9月中旬に事務レベルで協議し、閣僚協議に備えるという。米市場では中国売上高比率が高い半導体のインテルや建機のキャタピラー、航空機のボーイングなどが買われている。米債券市場では10年物国債利回りが2年物を下回る「逆イールド」が解消している。利ざや縮小の懸念が後退し、ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースといった金融株も高い。

朝方発表された8月のADP全米雇用リポートで、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)が前月比19万5000人増と市場予想(14万人増)を上回って増えた。米労働市場の底堅さが改めて意識され、投資家心理の改善につながっている面もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム