最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、売り先行で始まる ダウ90ドル安、インフレ加速を警戒

2018/2/14 23:51
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=森田理恵】14日の米株式相場は売り先行で始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比90ドル90セント安の2万4549ドル55セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同22.619ポイント低い6990.891で推移している。朝方発表の1月の消費者物価指数(CPI)が市場の予想以上に上昇した。インフレ加速で米連邦準備理事会(FRB)が利上げを急ぎかねないとの警戒感から売りが先行している。

CPIは前年同月比2.1%上昇と市場予想(1.9%)を上回った。変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数も1.8%上昇し、1.7%だった市場予想より大きかった。発表直後に米10年物国債利回りが急速に水準を切り上げ、米株の売りにつながった。

同じく14日朝発表の1月の小売売上高は前月比0.3%減と、小幅増加を見込んだ市場予想に反して減少した。2017年12月分も速報値から下方修正された。「経済成長が鈍るなか物価上昇だけが加速すれば、割高感の残る米株には投資しづらくなる」(FBN証券のジェレミー・クライン氏)との声がある。

がん治療で提携すると発表した製薬大手ブリストル・マイヤーズスクイブとバイオ薬のネクター・セラピューティクスがともに売られている。ダウ平均の構成銘柄ではホーム・デポやメルクの下げが目立つ。

外食のチポトレ・メキシカン・グリルが急伸している。前日夕、次期最高経営責任者(CEO)に同業大手のCEOを起用すると発表した。50億ドルの自社株買いを発表したバイオ製薬のセルジーンも高い。中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)やイスラエルの炭酸水製造機メーカー、ソーダストリーム・インターナショナルは、四半期決算が市場予想を上回り、買い優勢で始まった。

ダウ銘柄では金利上昇でJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスが小高く始まった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム