2017年11月24日(金)

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 22,514.47 -8.68
日経平均先物(円)
大取,17/12月
22,510 -70

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、下げて始まる GEへの売り続く、石油株も安い

2017/11/15 0:05
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=森田理恵】14日の米株式相場は下げて始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比68ドル98セント安の2万3370ドル72セント、ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は同25.345ポイント低い6732.250で推移している。日欧の株式相場が総じて軟調に推移し、米株の売りに波及した。決算発表を受けて売られる銘柄が目立つ。米税制改革の先行き不透明感も根強く、投資家心理の重荷になっている。

 前日に経営改善策を発表したゼネラル・エレクトリック(GE)や、原油価格の下落でシェブロンなど石油株に売りが先行した。小売りを中心に決算発表を材料に売られる銘柄が目に付く。スポーツ用品販売店のディックス・スポーティングは朝方発表の2017年8~10月期決算で18年度の1株利益が最大20%減るとの見通しを明らかにした。データセンター運営のスイッチは売上高見通しが弱気と受け止められた。ディスカウントストアのTJXも四半期決算を受けて売りが広がった。

 一方、朝方の決算発表で18年1月期通期の売上高と1株利益予想を上方修正したホームセンターのホーム・デポが買われて相場を下支えした。

 朝方に発表された10月の米卸売物価指数(PPI)は前月比0.4%上昇し、市場予想(0.1%上昇)を大幅に上回った。ただ、市場では米長短金利差の縮小を警戒する声が多く、物価指標への反応は限られた。

 早朝には米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長がドイツで開かれた欧州中央銀行(ECB)主催のイベントで討議に参加した。ただ、金融政策に関する発言は限られ、相場への影響はみられなかった。

 バイオ医薬のロクソ・オンコロジーはがん治療薬の開発・販売で独バイエルと提携すると発表し、朝方の時間外取引では急伸する場面があった。自動車用品店のアドバンス・オート・パーツが急伸。朝方発表した7~9月期決算で1株利益が市場予想を上回った。

 ダウ平均の構成銘柄ではGEのほか、ウォルト・ディズニー、マイクロソフト、素材のダウ・デュポンが安い。半面、建機のキャタピラーや航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズ(UTC)に買いが先行した。飲料のコカ・コーラはアナリストによる投資判断の引き上げを受けて小高く始まった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム