2018年8月18日(土)

8/18 21:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,270.38 +78.34
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,260 +100

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、小動きで始まる FOMC結果を控え様子見

2018/6/13 23:03
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】13日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小動きで始まった。午前9時35分現在、前日比2ドル48セント高の2万5323ドル21セントで推移している。13日午後に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が発表されるのを控え、様子見姿勢が強まっている。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同12.791ポイント高の7716.585と前日に付けた過去最高値を小幅に上回って推移している。

 取引開始前に米労働省が発表した5月の卸売物価指数(PPI)は前月比0.5%上昇と市場予想(0.3%上昇)を上回った。米景気の拡大基調が物価を押し上げているとの見方を後押しした。

 米通信大手AT&Tによる米メディア大手タイムワーナー買収が12日、米連邦地裁から認められた。タイムワーナーには買収価格にさや寄せした買いが先行した。メディア再編が進むとの思惑から、映画・娯楽のウォルト・ディズニーとCATV大手のコムキャストによる21世紀フォックスの一部事業の買収合戦が激しくなるとの観測が広がり21世紀フォックスにも買いが膨らんでいる。

 税務申告代行サービスのH&Rブロックは大幅安で始まった。12日夕に発表した四半期決算は市場予想を上回ったが、今期の利益率が前期から悪化するとの見通しを嫌気した売りが膨らんだ。アナリストによる投資判断の引き下げが伝わった菓子のハーシーにも売りが先行している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム