最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、小幅高で始まる ダウ32ドル高、持ち高調整中心 貿易摩擦懸念は重荷

2018/8/3 23:10
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=滝口朋史】3日の米株式相場は小幅高で始まった。ダウ工業株30種平均は午前9時40分現在、前日比32ドル09セント高の2万5358ドル25セントで推移している。週末を控え前日に売り込まれた銘柄などに持ち高調整目的の買いが入り指数を支えている。一方、米中の貿易摩擦が激化するとの警戒感は根強く上値は重い。7月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数の前月比の伸びが市場予想を下回ったものの、株式相場の反応は限られている。

前日に2%超下落した化学のダウ・デュポンが買われ、ダウ平均採用銘柄で上昇率首位となっている。一方で前日に米上場企業として初めて時価総額が1兆ドルを超えたアップルには目先の利益を確定する目的の売りが先行。前日に急伸した電気自動車(EV)のテスラにも売りが先行した。

米メディアによると米国が2000億ドルの中国製品に関税を課せば、600億ドルの米国製品に報復関税を課すと中国当局が発表した。ポンペオ米国務長官と中国の王毅国務委員兼外相が3日、シンガポールで会談し対話を通じた解決で合意したとも伝わったが、進展は乏しいとの見方から航空機のボーイングなどに売りが出ている。

米労働省が発表した7月の米雇用統計では非農業部門の雇用者数が前月比で15万7000人増と19万人程度の市場予想を下回った。ただ、5月と6月分が上方修正されたうえ、失業率は3.9%と再び低下した。市場では「米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースには影響しない」(CIBCキャピタルマーケッツ)との指摘があり今のところ株式相場に目立った反応はみられない。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は、前日比3.496ポイント高の7806.181で推移している。アルファベット(グーグル)やマイクロソフトなどの主力ハイテク株に利益確定目的の売りが出て上値を抑えている。

前日夕に発表した2018年4~6月期決算が市場予想を上回ったゲーム大手のテイクツー・インタラクティブ・ソフトウエアが急伸して始まった。四半期決算は減収だったが市場予想ほど悪化しなかった衛星テレビのディッシュ・ネットワークも買われている。ダウ平均の採用銘柄ではウォルマートや映画・娯楽のウォルトディズニーが高い。

一方、前日夕の決算説明会で最高経営責任者(CEO)のセクハラ疑惑に対する説明が不十分と受け止められたメディアのCBSが安い。通期の業績予想を据え置いたハンバーガーチェーンのシェイクシャックは急落。減益決算を発表した保険のAIGも下げている。ダウ平均の構成銘柄では保険のユナイテッドヘルス・グループ、スポーツ用品のナイキが安い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム