最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,638.87 +332.39
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,560 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

ソニー系、Facebookへの広告出稿を停止 [映像あり]

米ビザ制限、日系企業1400人超に影響 赴任に支障

2020年7月3日

イナゴの大群の心理学 [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 大川 智宏

2020年7月2日

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、下落で始まる ダウ一時200ドル安、貿易摩擦への懸念で

2018/8/2 23:01
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】2日の米株式相場は下落して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比191ドル30セント安の2万5142ドル52セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同32.698ポイント安の7674.588で推移している。ダウ平均の下げ幅は一時200ドルを超えた。米中の貿易摩擦が激化するとの警戒感から、中国事業の比率が高い建機のキャタピラーなどが売られている。

トランプ米政権による中国製品への関税引き上げ検討が伝わるなか、米商務省は1日、中国の軍需関連企業44社を輸入管理規制の対象に指定した。通商問題を巡る米中の協議が難航しているとの懸念が強まった。

四半期決算が市場予想を上回る増収増益となった化学のダウ・デュポンは相場全体の下げにつれて売りが先行した。セキュリティー対策を手掛けるデュオ・セキュリティーを買収すると発表したネットワーク機器のシスコシステムズが小安い。決算で既存店売上高の伸びが物足りないと受け止められた外食のヤム・ブランズが下落。決算が大幅減益となったカジノのMGMリゾーツ・インターナショナルが安い。前日夕に発表した利益見通しが市場予想に届かなかった決済サービスのスクエアも売られた。航空機のボーイングや工業製品・事務用品のスリーエム(3M)の下げが目立つ。

一方、前日夕に発表した決算を受けて資金繰りへの懸念がやや後退した電気自動車(EV)のテスラは急伸。決算で新規契約件数が順調に増えた携帯電話のTモバイルUSも買われた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム