6/1 2:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: AI運用、コロナ危機後に覚醒するか[有料会員限定]
  2. 2位: 給付金で株投資 「将来に備え」ミレニアルも億り人も[有料会員限定]
  3. 3位: 日産巨額赤字、シェア偏重で商品力にツケ[有料会員限定]
  4. 4位: 米低格付け企業に逆風 ローン担保証券、新規発行減[有料会員限定]
  5. 5位: いつか見た「バリュー株」物色、旬は最長2カ月か[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,877.89 -38.42
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
21,810 -220

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ上げ幅一時200ドル超 中国景気の改善で

2019/4/1 22:48
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】1日の米株式相場は3日続伸で始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前週末比188ドル48セント高の2万6117ドル16セントで推移している。上げ幅が200ドルを超える場面もあった。中国の3月の製造業購買担当者景気指数(PMI)が改善し、同国や世界景気への懸念が和らいだ。アジアや欧州の主要株式相場が総じて上げたことも投資家心理を上向かせた。

今週もワシントンで継続される米中貿易協議の進展期待も株買いにつながっている。建機のキャタピラーや工業製品・事務用品のスリーエム(3M)など中国売上高比率が高い銘柄の上昇が目立つ。米長期金利の上昇を受け、利ざや改善期待からゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースといった金融株が上昇しているのも相場を支えている。

半導体のインテルが高い。前週に多数のIT(情報技術)技術者を解雇したと前週末に伝わった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム