最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,379.40 +163.69
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,360 +200

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「崔真淑のサイ視点」[映像あり]

1月29日(水)14:21

楽天会長 送料無料化「何が何でも成功させる」[映像あり]

英ファンドが帝繊維に株主提案 増配などを要求

1月29日(水)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、続伸で始まる ダウ58ドル高 CPIが市場予想下回り利上げ観測後退

2018/5/10 22:56
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】10日の米株式相場は続伸して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比58ドル42セント高の2万4600ドル96セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同18.905ポイント高の7358.810で推移している。朝方発表の4月の米消費者物価指数(CPI)の上昇率が市場予想を下回り、利上げ加速の見方が後退。株式に買い安心感が広がった。

4月のCPIは前月比0.2%上昇と、上昇率は市場予想(同0.3%)を下回った。市場では「年内の利上げ回数は米連邦準備理事会(FRB)が想定する3回にとどまる」(CIBCキャピタル・マーケッツ)との声があった。米10年物国債利回りは一時2.95%に低下し、ドルは主要通貨に対して売られている。

前日夕に発表した決算と業績見通しが市場予想を上回った動画配信機器のロクが大幅高。決算で売上高が市場予想ほど減らず、ウォルト・ディズニーによるコンテンツ事業の買収に前向きな姿勢を示した21世紀フォックスが上昇。電力のデューク・エナジーは10日朝に発表した決算が市場予想を上回る増収となり、買いが先行した。

ダウ平均の構成銘柄では石油のエクソンモービルやシェブロンが上昇している。原油の先高観が背景にある。日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、通信のベライゾン・コミュニケーションズも上げている。

旅行予約サイトのブッキング・ホールディングスには売りが先行。前日夕に発表した業績見通しが慎重との見方が出た。米証券大手が投資判断を引き下げた百貨店のメーシーズが下落。ダウ平均銘柄ではウォルマートが下げ、IT(情報技術)機器のシスコシステムズも安い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム