11/21 23:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,038.58 -109.99
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,050 -90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

農水官民ファンド 新規投資を停止へ[映像あり]

投資家説明会 「ネットで」6割増

11月21日(木)13:00

トップに聞く[映像あり]

ラック 社長 西本 逸郎

11月21日(木)09:50

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、反発して始まる 前日急落の反動、米中協議に期待も上値重く

2018/11/13 23:56
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】13日の米株式相場は反発して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比56ドル43セント高の2万5443ドル61セントで推移している。前日に急落した反動で、短期的な相場の戻りを見込んだ買いが先行した。月末の米中首脳会談を前に米中閣僚が貿易協議を再開したとの報道を受け、米中の貿易交渉が進展するとの期待感も相場を支えている。ただアップルなどハイテク株を中心に相場の調整が続くとの警戒感もあり、上値は重い。ダウ平均は下げに転じる場面があった。

米ウォール・ストリート・ジャーナル紙などは12日夜、関係者の話としてムニューシン米財務長官と中国の劉鶴副首相が前週末に電話会談したと報じた。報道によると、通商政策を巡って大きな進展はなかったという。

12日夜に、ニューヨーク市とバージニア州北部に本社を新設する見通しだと伝わったアマゾン・ドット・コムが高い。アップルは小幅高で推移している。前日には新型iPhone(アイフォーン)の需要減への警戒感から急落した。ゴールドマン・サックスが12日付のリポートで目標株価を引き下げたものの、買いが優勢になっている。自動車用バッテリー事業の売却を発表した複合企業のジョンソン・コントロールズも買われている。傘下の石油サービス会社ベーカー・ヒューズの保有株式を2割売却する方向と伝わったゼネラル・エレクトリック(GE)も上げている。

同日発表した四半期決算が市場予想を上回る増収増益だったものの、ホームセンターのホーム・デポが売られている。決算で市場予想以上に売上高が落ち込んだ食肉のタイソン・フーズは大幅安で始まった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム