/

大阪市の住所表記になぜ「ABC」(謎解きクルーズ)

旧東区と旧南区合併で1丁目争い、苦肉の並立

大阪市中央区にある古代の首都、難波宮跡の周辺を散策していて、一風変わった住所表示板が街頭に掲げてあるのに気付いた。「大阪市中央区上町A」。近くには同じく「B」「C」の表示板もある。いつから、なぜアルファベットを住所表記に用いているのだろうか。

一般的な住所表記「○○1丁目1番1号」のうち「○○1丁目」までを町名、「1番」を街区符号、「1号」を住居番号と呼ぶ。

総務省住民制度課や地図製作会社の昭文社にも確認したが「アルファベットを街区符号に使うところは、他に聞いたことがない」。

大阪市中央区役所に尋ねると「1989年、旧南区と旧東区が統合して現在の中央区となったのを機に、アルファベット表記になった」と教えてくれた。ただし「当時の詳しいことは不明」との事だった。

事情を知る人を探す。上町が属する南大江東連合振興町会の伊藤弘一郎会長(73)を訪ねると「発端は、統合から10年前の1979年にさかのぼる」と教えてくれた。

このころ複雑で分かりにくい地名表記を整理しようと、住所再編が全国各地で行われた。伊藤さんらが住む旧南区上町の東隣にあった旧東区の東雲町など10の町も、住所の統合・変更を実施。79年に誕生した新たな町名が「上町1丁目」だった。「南区上町」と「東区上町1丁目」が隣り合うことになったが、区が異なり、特に混乱はなかった。

〒 〒 〒

だが10年後、2つの区が合併することになり、問題が起きる。旧「南区上町1番1号」と旧「東区上町1丁目1番」は、合併すると、どちらも「中央区上町1-1」になってしまう。

行政側は旧南区上町に「上町2丁目」と町名を変えるよう要請。それに対し「昔から『上町』に住んでいるのは自分たちなのに『2丁目』になるのは納得できない、と猛反発が起きた」と伊藤さんは明かす。

当時を知る住民の一人、中村浩さん(80)は「『上町といえば中心はこっちだ』という強い思い入れがあった」と当時を振り返る。

大阪歴史博物館の学芸員、船越幹央さん(49)によると「旧南区上町は江戸時代、寺社が立ち並んでいた上町筋沿いで古くから栄えた一等地。地名への愛着が特に強いのでは」という。

とはいえ、10年前に変えたばかりの「上町1丁目」の町名を再び変更するわけにもいかない。住民らが知恵を絞り、街区符号に数字ではなく「ABC」「あいう」「いろは」「上中下」などを使う案が浮上した。

「皆で悩み抜いた末、『上町の町名を残し、2丁目にならないためには仕方がない』とアルファベット表記で妥協した、と当時の町会長から聞いた」と伊藤さんは話す。「ABC」を選んだ理由は詳しく聞いていないが、「『あいう』や『いろは』は一目では順序が分かりにくいし、発音しにくいためでは」と推察する。

若い世代や、その後に引っ越してきた住民は「ABC」の住所表記を特に気にする様子でもないという。しかし中村さんは「歴史のある『上町』がなんで『ABC』や、という違和感は今も残る」と打ち明ける。

〒 〒 〒

現在議論されている大阪都構想による区の統合で、同じ問題は起きないのか気になった。市役所市民局に確認すると「現在は区をまたがって同じ町名はなく、心配ない」と答えが返ってきた。

取材を終えてタクシーに乗ると、運転手が面白い話を聞かせてくれた。89年の区統合によって、上町周辺では「上本町1丁目」だった交差点の名称が「大阪医療センター前」に、同「2丁目」が同「1丁目」になるといった変更も相次いだ。「古い住民には、いまだに『上本町1丁目』の交差点を『上2』と呼ぶ人がいる。若い運転手には分からないのでは」

地名は、その土地の深い歴史を体現している。住所再編で町名が変わっても、人々の意識は簡単には切り替えられないのだろう。(大阪社会部 菊地悠祐)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン