/

柔道女子・広瀬順が銅メダル パラリンピック

柔道女子57キロ級3位決定戦でスペイン選手を抑え込む広瀬順子=寺沢将幸撮影

リオデジャネイロ・パラリンピック第3日(9日)柔道は女子57キロ級の広瀬順子(伊藤忠丸紅鉄鋼)が3位決定戦でスペイン選手を破り、銅メダルに輝いた。

男子73キロ級の北薗新光(アルケア)も3位決定戦に出場。

競泳は男子50メートルバタフライ(運動機能障害S6)の小山恭輔(日鉄住金P&E)女子100メートル背泳ぎ(視覚障害S11)の小野智華子(あいおいニッセイ同和損保)が決勝に臨む。2連覇を狙うゴールボール女子の日本はブラジル、車いすバスケットボール男子の日本はスペインと対戦する。

陸上女子走り幅跳び(切断などT44)の中西麻耶(うちのう整形外科)は4位。自転車男子3000メートル個人追い抜き(運動機能障害C3)の藤田征樹(日立建機)は5位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン