/

本田真凜が初V フィギュア世界ジュニア女子、日本勢7人目

【デブレツェン(ハンガリー)=共同】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権最終日は19日、ハンガリーのデブレツェンで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の本田真凜(大阪・関大中)がフリー1位で、SPに続いて自己ベストを更新する126.87点をマークし、合計192.98点で初優勝した。日本勢では2010年の村上佳菜子(中京大)以来7人目の快挙となった。

SP5位の樋口新葉(東京・開智日本橋学園中)はフリー2位の合計183.73点で、昨年に続いて3位に入った。SP8位の白岩優奈(京都醍醐ク)もフリー5位の合計171.59点で、4位となった。

 本田 真凜(ほんだ・まりん) 今季は初出場のジュニアGPファイナルで3位。子役として活躍する望結(みゆ)を妹に持ち、全日本女王の宮原知子を指導する浜田美栄、田村岳斗両コーチに教わる。大阪・関大中2年。158センチ。14歳。京都府出身。(共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン