/

駐韓米大使、顔80針縫う 襲撃の容疑者「米韓演習に抗議」

5日、ソウルで刃物を持った男に切りつけられたリッパート駐韓米国大使=ゲッティ共同

【ソウル=共同】韓国警察は5日、ソウル中心部でリッパート駐韓米国大使に刃物で切りつけ現行犯逮捕された政治団体代表キム・ギジョン容疑者(54)が、動機について「南北和解の雰囲気を遮る軍事訓練に抗議するため」と供述し、共犯はいないと語ったと明らかにした。韓国では2日から米韓合同軍事演習が行われていた。

病院関係者によると、リッパート大使の容体は安定しているが、右頬からあごにかけて長さ10センチ以上、深さ3センチの傷を負い、約80針を縫う手術を受けた。

韓国政府当局者は5日、襲撃事件について韓国政府として米国に遺憾の意を伝えたと明らかにした。リッパート大使は自身のツイッターに「元気です。支援に深く感動しました」と投稿し「米韓同盟を進めるためできるだけ早く(公務に)戻ります」と表明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン