2019年8月20日(火)

韓流アイドルが意識不明 ビッグバン、大麻で在宅起訴

2017/6/6 20:02
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=共同】韓国の人気男性アイドルグループ「BIGBANG(ビッグバン)」でT.O.P(トップ)の芸名で活動し、大麻を吸ったとの麻薬管理法違反罪で5日に在宅起訴されたチェ・スンヒョン被告(29)が6日、ソウルで意識を失った状態で見つかり、病院で手当てを受けている。聯合ニュースが報じた。

関係者によると、常用している精神安定剤を大量に服用した可能性がある。

チェ被告は徴兵制によってソウルで警察官として勤務しており、警察施設内で6日午前になっても起きてこないため、関係者が異変に気づき搬送したという。

所属事務所によると、集中治療室(ICU)で手当てを受けているが意識が戻らないという。

チェ被告は昨年10月にソウルの自宅で20代の女性と共に4回にわたって大麻を吸ったとして、韓国警察が今年4月に書類送検。今月1日に事件が報じられた後、チェ被告は反省文を発表するなどした。ソウル中央地検が5日に在宅起訴した。

在宅起訴されたため、警察官の勤務は解かれる予定だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。