太平洋岸に津波注意報 チリ地震で気象庁

2015/9/18付
保存
共有
印刷
その他

チリ中部で発生した地震で、気象庁は18日午前3時、北海道から沖縄までの太平洋沿岸や青森県日本海沿岸などに津波注意報を出した。午前5時以降に最大1メートルの津波が到達する恐れがあり、海岸から離れるよう呼び掛けた。

チリ中部沖では日本時間17日午前8時ごろマグニチュード(M)8.3の地震が発生、各地で津波が起き、死者も出た。

気象庁によると、津波の予想到達時間は、北海道太平洋沿岸東部が午前5時、宮城県が午前5時30分、東京湾内湾午前6時、徳島県午前7時、大分県瀬戸内海沿岸午前8時など。

チリ沖では過去に大地震がたびたび発生し日本に津波が到達している。2010年には岩手県や高知県の港で1.2メートルの津波を観測。14年にも北海道から関東の沿岸などに到達し、岩手県久慈市で60センチを観測した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]