ノーベル物理学賞に赤崎・天野・中村3氏 青色LED発明

2014/10/7付
保存
共有
印刷
その他

【ストックホルム=共同】スウェーデンの王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、省エネで長寿命の次世代照明に使われる青色の発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇・名城大終身教授(85)、天野浩・名古屋大教授(54)、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)の3人に授与すると発表した。

日本人のノーベル賞受賞は、12年の医学生理学賞の山中伸弥京都大教授(52)から2年ぶりの快挙で20、21、22人目となる。物理学賞は10人となり、日本の物理学の高い実力を示した。

LEDは1960年代に赤や緑が開発されたが、光の三原色のうち青は素材の結晶作りが難航し「20世紀中は無理」と言われた。

名古屋大教授だった赤崎氏は、天野氏とともに世界中の研究者が手を引いた窒化ガリウムの結晶化に挑戦。実験を繰り返し、結晶を作ることに成功。89年、世界で初めて青色LEDを実現した。

その後、日亜化学工業(徳島県)の技術者だった中村氏が窒化ガリウム結晶の大量生産技術を独力で開発し、明るい青色LEDを作った。中村氏は青色半導体レーザーも開発し、それぞれ世界で初めて製品化された。

LEDでさまざまな色を表現する道が開け、屋外の大型ディスプレーや信号機が実用化された。レーザーは、DVDより大容量のブルーレイ・ディスクを可能にした。

黄色の蛍光体と組み合わせた白色LEDは、白熱電球や蛍光灯に替わり急速に普及、高い節電効果を挙げている。

中村氏は99年、日亜を退社し米大学教授に転身した。その後、特許権をめぐり日亜に対する訴訟を提起。04年、東京地裁が発明の対価を約600億円と認定して、200億円の支払いを日亜に命じた。高裁で和解が成立したが、サラリーマン研究者の在り方に一石を投じた。

授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金計800万クローナ(約1億2千万円)が3人に贈られる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]