2019年3月24日(日)

阪神がファイナル初進出、オリックスは1勝1敗に プロ野球CS

2014/10/12付
保存
共有
印刷
その他

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)は12日、セ、パ両リーグともに第2戦が行われ、セはレギュラーシーズン2位の阪神が3位の広島に延長十二回表終了、0―0で規定により引き分けとなり、対戦成績を1勝1分けとして初のファイナルステージ進出を決めた。

パは同2位オリックスが同3位日本ハムに6―4で勝ち、対戦成績を1勝1敗とした。13日の第3戦でオリックスが勝つか引き分ければ初の、日本ハムが勝てば2年ぶりのファイナルステージ出場となる。先発はオリックスが西、日本ハムはメンドーサと発表された。

阪神は能見、呉昇桓、福原の継投で無得点に抑えた。延長十二回表が終わった時点で、広島が阪神を対戦成績で上回れなくなったため、試合は打ち切られた。

オリックスは3―4の八回にT―岡田の3ランで逆転した。

ファイナルステージは15日から始まる。リーグ優勝の巨人とソフトバンクが1勝のアドバンテージを持ち、6試合制で日本シリーズ進出を争う。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報