/

長崎・熊本で猛烈な雨、1時間150ミリも 警戒呼び掛け

大気の状態が不安定となった影響により、長崎、熊本両県では20日夜、各地で猛烈な雨が降った。気象庁は、土砂災害や洪水への厳重な警戒を求めた。21日も全国的に大気の不安定な状態が続く恐れがあり、雷雨や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。

冠水した繁華街の道路を走行する車(20日夜、長崎市)=共同

20日夜から21日未明にかけて、熊本県甲佐町では1時間に150.0ミリの猛烈な雨を観測。長崎県雲仙市で124.5ミリ、熊本県宇土市で122.0ミリを記録した。気象レーダーの解析では熊本県宇城市や八代市などの各地でも、120ミリ以上の雨が降ったとみられる。気象庁は数年に1度程度の大雨だとして「記録的短時間大雨情報」を連続して発表した。

20日の雨量はこのほか、宮崎市で1時間55.5ミリ、愛媛県西予市54.5ミリなど。熊本県では、南阿蘇村で41.5ミリを記録し、同村などは土砂災害の危険があるとして避難指示を出した。

岩手県奥州市では20日夕、プレハブの事務所が横倒しになっていると110番があった。市によると付近で少なくとも10軒前後の建物被害が確認され、県警などは竜巻といった突風による被害とみている。けが人の情報はない。

気象庁によると、21日にかけて梅雨前線上を低気圧が進むため前線の活動がさらに活発化する見込み。西日本や東日本では大雨、北日本でも突風などの恐れがある。

九州北部では21日も、1時間120ミリの雨が予想される。22日午前0時までの24時間予想雨量は、九州北部の多い所で250ミリ。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン