プロ野球

オリックス金子に沢村賞 最多勝と防御率の2冠

2014/10/27付
保存
共有
印刷
その他

沢村賞に選ばれ、記者会見でポーズをとるオリックスの金子千尋投手(27日、神戸市のほっともっと神戸)=共同

沢村賞に選ばれ、記者会見でポーズをとるオリックスの金子千尋投手(27日、神戸市のほっともっと神戸)=共同

プロ野球創設期の名投手、故沢村栄治氏を記念し、シーズンで最も優れた先発完投型の投手に贈られる「沢村賞」の選考委員会(堀内恒夫委員長)が27日、東京都内で開かれ、パ・リーグの最多勝と最優秀防御率に輝いたオリックスの金子千尋投手(30)が初選出された。オリックスからの受賞は初めてで、パからの選出は4年連続。

沢村賞の選考基準は15勝、防御率2.50、200投球回、10完投、150奪三振、25試合登板、勝率6割の7項目。今季の金子は登板26試合で191回を投げ、両リーグトップの16勝(5敗)、防御率1.98、勝率7割6分2厘、199奪三振、4完投を記録し、投球回、完投以外の5項目をクリアした。

欠席1人を含む5人の選考委員から該当者なしという意見も出たが、15勝を挙げた昨季に続いて安定した成績を残したことも評価された。堀内委員長は「2年続けて、これだけの結果が出てきた。数字は少し足りない部分がありますが、頑張りに僕は敬意を表したい」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 西武は13日、辻発彦監督(60)が就任4年目となる来季も続投すると発表した。昨オフに2年契約を結んでおり、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで敗退が決まった試合後に居郷肇球団社長から正 …続き (1:21)

六回ソフトバンク1死二塁、今宮が左越えに2ランを放つ=共同

 2併殺、13残塁の非効率な攻めでも結果は大勝。ソフトバンクの強さは際立っていた。
 先行しては追い上げられ、5―3で迎えた七回。代打長谷川勇と今宮の適時打でリードを4点に広げた。その裏、1番秋山から始 …続き (13日 23:51)

六回巨人2死三塁、丸が投前に勝ち越しのバント安打を決める=共同

 勝負師の勘がさえ渡った巨人の決勝点だった。1―1の六回2死三塁で、打席には丸。好投を続ける西との真っ向勝負を誰もが固唾をのんで見守った初球、3番打者は三塁線へのセーフティーバントを敢行した。意表を突 …続き (13日 23:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]