/

シリア渡航、旅券返納命じ阻止 カメラマンに外務省

外務省は7日夜、シリアへの渡航を計画していた新潟市在住のフリーカメラマン杉本佑一さん(58)に対し、旅券法に基づいて旅券(パスポート)の返納を命じ、渡航を阻止したと発表した。外務省筋によると、杉本さんはトルコを経由して、シリアに入国することを公言していたという。

邦人人質事件を踏まえ外務省は警察と共に、男性に対し自粛を強く要請したが、渡航の意思を変えなかったという。

渡航阻止の法的根拠について外務省は、旅券の名義人の生命、身体、財産の保護という、旅券法19条の規定に基づいて、緊急に旅券の返納を命じたとしている。この規定による返納は初めて。

外務省筋によると、杉本さんは、トルコ経由でシリア入りを目指していた。杉本さんはこの間、新聞紙上で、人質事件についてコメントしていた。

外務省幹部は6日、個人的意見とした上で、過激派「イスラム国」の支配地域を目指す渡航者の出国禁止措置を検討すべきだとの考えを記者団に明らかにしていた。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン