千代田区長選、投票続く 7月都議選の前哨戦

2017/2/5 18:04
保存
共有
印刷
その他

東京都千代田区長選に立候補した(写真左から)石川雅己、五十嵐朝青、与謝野信の各氏

東京都千代田区長選に立候補した(写真左から)石川雅己、五十嵐朝青、与謝野信の各氏

任期満了に伴う東京都千代田区長選は、5日午後も区内16カ所の投票所で投票が続いた。午後8時に締め切られ、8時50分から開票される。夜に大勢が判明する見通し。小池百合子都知事が支援する現職と自民党推薦の新人による「代理戦」とされ、7月の都議選の前哨戦として注目される。

立候補しているのは小池知事が支援する現職の石川雅己氏(75)、新人で元会社員五十嵐朝青氏(41)、自民党が推薦する新人で会社員与謝野信氏(41)の無所属3人。

区選挙管理委員会によると、午後4時現在の投票率は27.61%で、前回同時刻を5.89ポイント上回っている。期日前投票者数は6011人で、前回より2600人多かった。当日有権者数は4万7269人。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]