/

沿線火災で電車屋根に飛び火 東京・小田急線、けが人なし

7万人に影響

(更新)

10日午後4時5分ごろ、東京都渋谷区代々木5丁目の3階建て建物から出火し、現場脇の小田急小田原線参宮橋―代々木八幡間で停車した本厚木発新宿行き普通電車(8両編成)の2両目の屋根に燃え移った。東京消防庁や小田急電鉄によると、乗客約300人は線路に降りて避難し、けが人はいないという。

警視庁代々木署などによると、消防隊からの要請を受けた代々木署員が現場近くにある踏切の非常停止ボタンを押した。小田急によると、ボタンが押されたため、一番近くを走行していたこの電車が非常ブレーキで自動的に停止。場所が偶然、火災現場の前になった。

乗客は署員らに誘導されて先頭と最後尾の車両から逃れた。乗客によると、避難誘導の車内アナウンスが流れ、線路に降りた後、踏切まで歩いた。

ポンプ車など約25台が出動。建物や電車の火は約1時間45分後に消し止められ、建物は約80平方メートルを、電車は屋根約15平方メートルをそれぞれ焼いた。同署は建物に入る「オザキボクシングジム」の関係者らから事情を聴き、出火元や出火原因を調べている。

現場は小田急参宮橋駅から南西約450メートルの住宅街。小田急電鉄によると、この影響で新宿―経堂間で運転を一時、見合わせ、約7万1千人に影響が出た。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン