米ホテル大手ヒルトン、顧客情報流出 不正アクセス受け

2015/11/25 12:23
共有
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク=共同】米ホテル大手のヒルトン・ワールドワイドは24日、グループで運営するホテルの販売時点情報管理(POS)システムが不正アクセスを受け、クレジットカードなど決済カードの顧客情報が流出したと発表した。日本を含む世界で4500を超えるホテルを運営しているが、情報流出が発生した件数は公表していない。

 司法当局やカード会社などと調査し、判明したという。漏れた情報にはカードの所有者氏名、番号、セキュリティーコード、有効期限が含まれる。ホテルで昨年11月18日~12月5日と、ことし4月21日~7月27日にカードを利用した顧客が被害を受けた可能性があり、対象客にカードの使用履歴の確認を求めている。

 ヒルトンは「当社は顧客の決済カードの保護に力を入れており、今回の事態で顧客に迷惑を掛けることを心から残念に思う」とコメントした。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 20日 22:00
20日 21:50
信越 2:00
20日 22:00
東海 2:00
1:31
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 2:12
2:00
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報