/

小池氏「衆院解散の目的や大義分からず」

東京都の小池百合子知事は18日、安倍晋三首相が今月28日召集の臨時国会冒頭にも衆院を解散し、来月下旬に総選挙となる見通しとなったことに関し「何を目的とするのか、大義が分からない。国民に何を問い掛けていくのか分かりにくい」と述べた。都内で報道陣の取材に答えた。

小池氏は、側近の若狭勝衆院議員(無所属)が月内の結成を目指す国政新党の候補者について「これからの改革は、都政と連携していかなければ意味がない。そういった方々は応援していきたい」と話し、支援していく考えも示した。

一方、選挙戦となった場合、自身が候補者の応援に立つかについては「状況がどうなっていくのかよく見ていきたい」とし、明言しなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン