都内男性、エボラ疑いで検査 西アフリカ滞在歴

2015/3/16付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は16日、西アフリカのリベリアに滞在歴があり、今月4日に帰国した東京都在住の40代の男性が、15日夜に38度以上の発熱を出し、エボラ出血熱感染の可能性があるとして検査していると明らかにした。

既に実施したマラリアの検査では陽性、インフルエンザの検査では陰性だった。

厚労省によると、男性は2日までリベリアに滞在。15日夜に38.4度まで発熱した。解熱剤を服用後、37度まで熱は下がった。男性は既に都内の病院に入院しており、厚労省は今後、検体を国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)に運び検査する。

男性は、現地でエボラ出血熱患者との接触はないと話しているという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]