紅白歌合戦、年の瀬彩る 紅組が勝利

2017/1/1 0:03
保存
共有
印刷
その他

大みそか恒例の第67回NHK紅白歌合戦が31日夜、放送された。「嵐」「AKB48」など人気グループのほか、映画「君の名は。」の主題歌がヒットした「RADWIMPS」、民放ドラマで「恋ダンス」を流行させた星野源さん、活動休止から本格復帰の宇多田ヒカルさんら2016年を彩った顔触れが、年の瀬を華やかに盛り上げた。視聴者らの投票で紅組が勝利した。

氷川きよしさんが熊本城から生中継し、miwaさんが熊本市帯山中の生徒と合唱して、熊本地震で被災した人々を応援。椎名林檎さんとTOKIOが東京都庁前から生中継し、福田こうへいさんが「東京五輪音頭」を歌うなど2020年東京五輪・パラリンピックを見据えた趣向も盛り込んだ。

トリは石川さゆりさんの「天城越え」、最後を飾る大トリは嵐の紅白スペシャルメドレー。世界的にブレークしたピコ太郎さんも登場して楽しませた。総合司会はNHKの武田真一アナウンサー、司会は嵐の相葉雅紀さんと女優の有村架純さんが務めた。

この日で解散のSMAPは、NHKの出演要請を辞退した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]