/

昭恵夫人、講演会で涙 森友学園に具体的言及せず

安倍晋三首相の昭恵夫人は24日午後、北九州市小倉北区で講演し冒頭、森友学園問題を念頭にハンカチで涙をぬぐいながら「お騒がせしています」と発言した。森友学園に関する具体的言及はなかった。非公開で、出席者によると、写真撮影や録音も禁止された。

九州の財界人でつくる「九州賢人会議所」(福岡市博多区)が企画し「次世代のあなた達に」というテーマで昭恵夫人を招待。学園の理事長退任を表明した籠池泰典氏の23日の証人喚問後、公の場で話したのは初めてとみられる。

複数の参加者によると、入場時に森友学園の質問は禁止と伝えられた。昭恵夫人が冒頭に自ら発言し涙ぐむと、200人以上でほぼ満席の会場から拍手が湧き「頑張れ」という声が響いた。

講演では、23日のイベントはキャンセルしたが「今日は夫に『行っておいで』と言われて来た」と話したという。日本の将来の自然環境に言及したほか、安倍首相とのなれ初めにも触れた。

会議所によると、夫人側に報酬や交通費などの金銭は支払っていない。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン