/

油井さん、宇宙へ出発 ソユーズ打ち上げ成功

【バイコヌール(カザフスタン)=共同】油井亀美也さん(45)ら3人が搭乗するソユーズ宇宙船を載せたロケットが23日午前3時2分(日本時間同6時2分)、国際宇宙ステーションに向けてバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。宇宙船は打ち上げ9分後、予定通りロケットから分離され、打ち上げは成功した。

油井亀美也さんらが乗り、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられるソユーズ宇宙船搭載のロケット(23日、カザフスタン)=共同

約6時間かけて高度約400キロのステーションに近づき、日本時間午前11時46分に到着する。初飛行の油井さんは12月まで5カ月間滞在し、日本実験棟「きぼう」での科学実験やステーションの運用に携わる。

日本人の宇宙飛行は10人目で、ステーションの長期滞在は船長を務めた若田光一さん(51)に続き5人目となる。

油井さんは宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2009年に10年ぶりに採用した「新世代」の飛行士。航空自衛隊のテストパイロット出身で即戦力と期待され、ソユーズ宇宙船では万一のときに船長に代わって操縦を担う役目だ。

滞在中の8月には、地上の若田さんと交信しながらロボットアームを操作し、無人補給機「こうのとり」5号機をドッキングさせる。

ステーションでは現在、火星への有人飛行を目指した基礎データを取得するため、米国とロシアの飛行士が1年間の予定で滞在を続けており、油井さんも合流して補佐する。

ソユーズ宇宙船にはロシアのオレッグ・コノネンコ飛行士(51)と、米航空宇宙局(NASA)のチェル・リングリン飛行士(42)が同乗した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン