東京駅100周年スイカ、ネットで高値 20万円で落札も

2014/12/20付
保存
共有
印刷
その他

購入希望者が東京駅に殺到し、安全確保のため販売中止となった東京駅開業100周年の記念IC乗車券Suica(スイカ)が、インターネット競売サイトで販売価格の2千円を大幅に上回る高値で取引されていることが20日、分かった。中には20万円で落札された例もあった。

JR東日本が東京駅開業100周年を記念して限定販売したSuicaのデザイン

JR東日本が東京駅開業100周年を記念して限定販売したSuicaのデザイン

JR東日本東京支社によると、記念スイカは、開業100周年に当たる20日、東京駅丸の内南口の窓口のみで1万5千枚を限定販売する予定だった。1人3枚までのところ、9千人以上が列をつくるなど客が殺到し、8090枚を売った時点で販売を打ち切った。

販売の再開時期や方法は未定だが、東京支社の担当者は「混乱を招いたので枚数を増やす可能性もある」と話している。

インターネット競売サイト「ヤフオク!」には、500件以上の記念スイカの出品があり、多くが数万円台で取引されていた。東京駅では午後1時になっても、早朝から並んで買えなかった人が駅員に説明を求める場面があった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]