2018年10月17日(水)

センター試験2日目実施 理数は新旧課程で

2015/1/18付
保存
共有
印刷
その他

大学入試センター試験は2日目の18日、全国690会場で理科と数学を実施した。新学習指導要領で学んだ高校3年生は、学習範囲が広がった新課程の問題に挑み、浪人生らには旧課程に対応した科目も設けられた。

新課程の理科は、「生物基礎」など基礎4科目と、「物理」など専門4科目の計8科目から受験科目を選択。浪人生や高校卒業程度認定試験(旧大検)合格者らは旧課程の6科目からも選ぶことができる。

数学にも旧課程の科目が設けられたが、「数学2」は新旧両課程で共通。いずれも平均点に20点以上の差があった場合は得点調整を実施する。

北海道では大雪の影響で、北海道情報大(江別市)の会場全体の開始時間を1時間繰り下げた他、別の会場でも1人が開始時間を繰り下げて別室で受験した。千葉、東京の一部試験場では、京成本線の人身事故の影響で100人が開始時間を30~100分繰り下げた。

今年の志願者数は昨年より1540人減の55万9132人。理科の基礎4科目は志願者の23.2%に当たる12万9872人が受験した。

センター試験後の予定は、平均点の中間発表が21日、得点調整の有無公表が23日、平均点の最終発表が2月5日となる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報