STAP細胞「あると考えていると思う」 小保方氏代理人

2014/12/18付
保存
共有
印刷
その他

理化学研究所の検証実験で小保方晴子氏自身の実験でもSTAP細胞ができなかったことについて、代理人を務める三木秀夫弁護士は18日、「小保方氏は現在もSTAP細胞があると考えていると思う」との趣旨の考えを述べた。具体的な根拠は示さなかった。

大阪市内で報道陣の取材に応じた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]